鍵

防犯性を高める

鍵は紛失したときなどだけではなく、前の住人がいる住宅に引っ越したときも交換すべきといえます。なぜかというとスペアキーなどがある可能性があり、安全性が低いといえるためです。賃貸住宅の場合は大家などに承諾を得てから行う点に注意しましょう。

防犯カメラ

住宅の防犯体制を高める

防犯カメラを取り付ける場合には、目的に応じた場所を選ぶことが大切です。犯罪が起きた時に証拠として活用するのであれば、目立ちにくい場所に取り付けて確実に映すことが重要です。一方で、犯罪の抑止効果を狙うなら、カメラがわかるように取り付けることも大切なのです。

防犯カメラ

カメラ設置の注意点

住宅の防犯のために監視カメラを取り付ける場合には、近隣住民とのトラブルに注意しなければなりません。近所の様子を撮っていると誤解を生じさせないように、カメラの向きを検討したり、近隣に説明するなどの努力が必要です。

家

安全性を高める

家の鍵を交換する時に業者を選ぶ基準は、24時間対応していてフリーダイヤルを設置しているかです。また追加料金が発生しない正確な見積もりを出すことも大切です。鍵を選ぶには、セキュリティの高さと住人の使いやすさを基準にします。

防犯カメラ

高画質で操作がしやすい

都会や地方でも、空き巣や車上荒らしなどの被害が増えているため、住宅や駐車場、集合住宅などに防犯カメラを設置したい人が増えています。高画質で操作が簡単な商品が揃っているので、幅広い年代の人が取り付けを依頼しています。

自分や家族を守ります

家

身近に使用されています

商店街や駐車場など、パブリックスペースでの犯罪の抑止に繋がる監視カメラは、一般家庭でも急速に普及しています。ロードレイジと呼ばれるような道路上で犯罪を犯す人から身を守るには、物的証拠として監視カメラの映像が効果的と言われています。ドライブレコーダーは、運転中の事故や犯罪が起きた際のお守り的存在とも言えます。また、自分が不在中の住まいを監視カメラで定期的に確認する人も増えています。独り暮らしの人がペットを飼っている場合、飼い主が外出してしまうとペットの様子を見ることができません。監視カメラはスマートフォンで遠隔操作でき、映像も外出先から確認ができます。小さな子供がいる家庭では、隣の部屋に監視カメラを設置し、料理をしながら動向を確認する主婦もいます。玄関にある呼び出し用のモニターも、監視カメラとしての役割を果たすものがあります。外出時に来客があると、監視カメラが作動して誰が来たのか録画してくれる機能があります。このように、最近では自分や自分の家族のため監視カメラを有効利用して生活環境を整えることができます。また、公共施設に取り付けられた監視カメラは犯罪や火災などの有事の際、物的証拠として早期に問題解決をしてくれる手がかりとなります。さまざまな場所にある監視カメラによって、外出先でも守られている安心感を提供してくれます。治安を維持し、皆で快適な生活環境を整えようとするために地域貢献しているとも言えます。

Copyright© 2018 防犯対策の為に監視カメラを設置【生活環境に合った製品を使おう】 All Rights Reserved.