防犯性を高める

鍵

必要性の高さ

鍵を交換するときというのは、鍵を紛失したときや壊れたときというイメージがあるかもしれません。確かにこのような場合も交換すべきなのですが、実は引っ越したばかりのときも鍵を交換する方がよいのです。中古住宅を買った場合、新しく賃貸住宅に住み始めた場合もそれに該当します。なぜかというと、前の持ち主がスペアキーを所持していないとは言い切れないためです。前の持ち主がスペアキーを持っていれば、自宅に侵入されるおそれがでてきます。良心的な人であればスペアキーを作ったりもせず、侵入されたりするおそれもないかもしれませんが、必ずしもそうとは言い切れません。前の持ち主の彼氏や彼女などが持っていることもあり得ます。そのため、前の住人が存在する住宅に引っ越した場合はまず鍵を交換すべきなのです。鍵の交換はだいたい二万円ほどでできます。安い費用とはいえませんが、万が一の防犯対策としてはそこまで高いものでもないでしょう。安心と財産を守るためにも変えておくのがおすすめです。ただ、賃貸住宅では交換に大家や不動産屋の承諾がいることがあるのでその点は注意しましょう。無断で交換するとトラブルになるおそれがあるので、必ず許可をとってから行いましょう。また、新しいタイプは故障すると直せないリスクもあります。安全性は高くなりますが、鍵を紛失したときなどのコストが高くなるおそれがあるので、コストパフォーマンスなども気にして選ぶとよいでしょう。

Copyright© 2018 防犯対策の為に監視カメラを設置【生活環境に合った製品を使おう】 All Rights Reserved.