カメラ設置の注意点

防犯カメラ

近隣とのトラブルを避ける

住宅の防犯を考えた場合に監視カメラの設置はかなり効果的であると言えます。監視カメラがあれば、万が一犯罪に巻き込まれた場合でも迅速な事件解決のために映像を活用することができますし、そもそも監視カメラがあることで犯罪者が侵入しにくいという抑止効果を期待することもできます。最近では一般住宅であっても監視カメラを設置している住宅が増えていますし、自分で取り付けることも可能です。電気屋さんや住宅メーカーであっても簡単に監視カメラを住宅に取り付けることができます。しかし、安易にカメラを設置することは近隣とのトラブルに発展しかねないので注意しなければなりません。誰だって自分の行動が見張られるのは嫌なものです。住宅の防犯体制を強化するために監視カメラを設置したと言っても、そのカメラが近隣住宅を向いていると苦情が来ても仕方ありません。そのようなトラブルにならないように、カメラを設置する場合には十分に注意することが必要です。人間の心理として、警備会社が取り付けたと明らかにわかるようなものであれば近隣住宅に向いているとは思いませんが、個人的に取り付けたものであれば疑う人もいます。トラブルを回避するためには、疑われるような角度にカメラを向けないか、ご近所の方に十分に説明することが必要です。実際に町内会などで防犯カメラを設置する場合には個人情報の取り扱いについて問題になることが少なくありません。あくまで犯罪を防ぐために取り付けるものですから、近隣とのトラブルに発展しないような努力が大切です。

Copyright© 2018 防犯対策の為に監視カメラを設置【生活環境に合った製品を使おう】 All Rights Reserved.