住宅の防犯体制を高める

防犯カメラ

カメラを取り付ける目的

住宅の防犯体制を強化するための方法として防犯カメラを取り付ける場合がありますが、その目的に応じて設置場所を検討することが大切です。防犯カメラを取り付ける主な目的は、犯罪が発生した場合に速やかに事件を解決するため、防犯カメラで撮影した映像を活用することにあります。確実に犯人を撮影することが重要ですので、撮影していることが犯人に気づかれないようにすることが重要になります。撮影に気づかれれば、そこを避けて犯罪が行われてしまいますので、証拠となるような映像をとることはできません。そのため、侵入が予想されるところに設置することはもちろんですが、できるだけ多くの場所に防犯カメラを設置することで、犯人の映り込みの可能性を高めることが重要になります。また、防犯カメラを取り付けることで犯罪の抑止効果を狙う場合もあります。犯罪者は自分の姿が見られることを恐れますので、防犯カメラがあるような住宅は避ける傾向にあります。犯罪の抑止効果を狙って設置するのであれば、犯人がカメラに気付くようにすることも重要です。証拠として活用することがないのであれば、ダミーのカメラでも十分に犯罪の抑止効果が期待できます。防犯カメラを取り付ける場合には、その目的によって設置場所が異なってきますので、専門的ノウハウを持っている警備会社などのアドバイスを受けながら、適切な場所を選ぶことが大切です。適材適所の場所を選ぶことで、住宅の防犯体制が強化できるのです。

Copyright© 2018 防犯対策の為に監視カメラを設置【生活環境に合った製品を使おう】 All Rights Reserved.